治療院広告の反応率より大切なもの【治療院経営のツボ】

from;やまざきよしひろ

こんにちは。やまざきです。

本日はポスティングや折り込みチラシの

反応率についてお話をしていきたいと思います。

 

よく1万枚まいて5人来た。

2万折り込んだんですけど3人しか来なかった。

とか色々言ってますけど、もっと大事な事があります。

それは費用対効果です。

 

特に開業間もない先生は反応率ばかり

追ってしまう傾向が強いです。

もちろん資金が少ないので気持ちはわかるのですが、

多く集めるのが一番いいとは限りません。

 

1万枚ポスティングをして、10人来て。

この10人の3ヶ月以内の売り上げが5万だった。

広告費6万円

 

1万枚折り込みチラシをして、5人来て。

この5人の3ヶ月以内の売り上げが10万だった。

広告費5万円

 

どっちが良いと思いますか?

反応率は低いけど費用対効果は後者の方が良いですよね!

反応率は同じチラシでも時期が違えば、

数字も変わってきます。

私が使っているチラシでも、

枚数、オファー&ヘッドライン全く同じでも

時期が違うだけで、

2人の時もあれば、10人の時もあります。

 

ですので反応率だけでなく、

費用対効果で考える頭をぜひ持ってくださいね。

メルマガ登録





関連記事

  1. PPC広告代行の真実【治療院経営のツボ】

  2. 治療院の広告はいつまでやるのか?【治療院経営のツボ】

  3. 問い合わせを増やすには【治療院経営のツボ】

  4. 広告の改善

  5. 治療院の広告費っていくらかけたらいいの?【治療院経営のツボ】

  6. 広告の新常識

  7. 広告費は予算勝負なのか?【治療院経営のツボ】

  8. ポスティングいつまで?【治療院経営のツボ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み