広告費は予算勝負なのか?【治療院経営のツボ】

from:やまざきよしひろ

治療院業界での広告費の考え方についてお話をしていきます。

私のような一人先生治療院や、スタッフ数名の治療院での広告費には限りがあります。

ビジネスモデル的に、多くても30万程度が限界値です。

実際に30万も掛けている小規模治療院はかなり少ないですが。。。

この限られた予算で、

更に多くの広告費を掛けてくる、資金力のある強者と戦わなくてはいけません。

先生の地域にもある、大きな整骨院グループやチェーン店、

激安なリラクゼーション系のサロンなどと同じやり方で広告を出していたら、

立地で適わない我々は勝てません。

そんな時に必ず心掛けて欲しい事があります。

それは『同じやり方をしない』ということです。

結局は同じ事をしていたら、予算勝負になります。

予算勝負になったら余程高額商品を売る治療院でない限り、

厳しい戦いが待っています。

ですから同じ媒体での広告は勝てる見込みが薄ければ、予算を掛けすぎない。

使用していない媒体があれば、そこに予算を掛ける。

この考え方で広告を出してください。

PPCだったり、SEOだったり、FacebookやYouTubeの広告、

または紙媒体の折り込みチラシやポスティングなど。

ライバルがどんな広告をしているかは、市場調査をしなくてはいけませんが、

必ず出していない媒体で反応が取れる広告があるはずです。

どの地域にも反応のある広告というものがありますので、

それを探すことが集客する一つのコツですので実践してみてください。

試してみないと何もわかりませんよ!

メルマガ登録





関連記事

  1. 治療院の広告費っていくらかけたらいいの?【治療院経営のツボ】

  2. ポスティングいつまで?【治療院経営のツボ】

  3. 治療院の広告はいつまでやるのか?【治療院経営のツボ】

  4. 治療院広告の反応率より大切なもの【治療院経営のツボ】

  5. 問い合わせを増やすには【治療院経営のツボ】

  6. PPC広告代行の真実【治療院経営のツボ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩
治療院経営のツボ
編集長
治療家お悩み解決人
横浜で鍼灸整体院を経営する現役治療家です。

基本的には一人治療院で、たまに平日の日中妻が受付を手伝ってくれ、体の歪みから来る肩こりや腰痛はもちろんの事、不妊治療や産後の骨盤矯正などの患者さんが多い。そんな治療院をやっています。

大切なものは家族です。自分の家族を幸せに出来ない人に、患者さんを幸せに出来るはずがない。と思っています。

まずは、身近な人から幸せにしていくことから意識してみて下さい。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み