整体を受けて圧迫骨折!?

先日近隣の医師より患者さんを紹介頂きました。

80代後半女性が整体院で施術を受け、圧迫骨折をして動けなくなってしまった。とのことで紹介を頂きました。

最近、SNSではパフォーマンス重視のボキボキするような整体?をよく目にします。今回の患者さんの同じように、背骨の矯正をしてもらったようです。どのような矯正だったのかはある程度お聞きしましたが、相当痛かったようです。施術後から動けなくなり、家族に連れられて病院に行ったようです。

『どうなってるの?ありえない』怒りを覚えるほどでした・・

ご本人は体を良くするために、整体院に行ったのに結果的に悪くなってしまった・・
これは私たち施術家は本当に考えないといけないですし、行動を起こしていかなければいけない。改めてそう感じました。

若い施術者だったということなので、本人もですし指導者が悪い。
患者さんは実験台ではないですし、安全に施術結果を出していくことが最低条件です。

年齢では判断できませんが、今回の女性に関しては負担のかかる粗悪な施術は厳禁です。

そして失ってしまった信用を取り戻すのは並大抵のことではありません。

今回は医師からの紹介でしたので、何とか挽回できそうですが本来なら防げたことです。
パフォーマンスに走らずに、目の前の患者さんに応えて結果を出す。

患者さんの人生には2度目はない。心して施術に挑むこと。をスタッフにも共有をしました。

治療院・整体業界の技術レベルは落ちているのだと思います。本物がより伸びていく業界になっていくことが患者さんのためですので、さらに行動をしていきます。そして日本の手技技術は世界に通用することを証明していきます。

本日もありがとうございます。

関連記事

  1. 【強さの秘訣】見返りを求めない

  2. 【総合力】星野源さんを見習う

  3. 日本のガン発症率上昇について何か出来ないの?

  4. うまくいかないのはなぜ?

  5. タイピングが遅い!!

  6. 海外に展開するということ

  7. 感性を磨くしかない

  8. なぜ、あなたは治療家になったのですか?

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。