治療院の外へ出る習慣をつける

私たちがやっている整体や治療院の多くは来店型のビジネスで、患者さんをお店で待つスタイルです。
なので、集客の形もホームページやしチラシ、SNSなど悩んでいる人に向けて施策を行うことが主流です。

もちろん、これはこれで良いビジネスなのですが業界の位置づけを向上させていくことを考えると、この待ちの姿勢ではこれ以上発展していかないのでは?と感じてます。

まだまだこの業界は知られていない。整体・治療院で一体何が行われるのか?何を得ることが出来るのか?知らない人がほとんどです。

痛みがある時だけではなく、予防にも強い。ダイエットをしたければ整体を受けて背骨を整えることからすれば良い。継続している方は100歳以上の人でもピンピン元気に過ごしている。

これは、もっと価値のあることでは?関わっている仲間とも話すけれども、実際にどう動いて認知さえていくのか。ここがこれからの課題です。

仲間達で心掛けているのは、治療院の外での仕事を増やすこと。
具体的には・・

・地域のコミュニティに参加をする
・地域ビジネスをしている事業主との交流
・企業へ施術の提案にいく
・海外での治療院経営を進める
・施術者の育成に力をいれる
・専門学校生との交流

この辺りを意識して行動しています。

他の業界であれば当たり前のことですが、私たちのい業界では待ちの姿勢が強く見られる傾向があります。
営業・周知の活動を高める。通常の企業であればごくごく当たり前のことですが、今一度力を入れていく必要があると感じています。

施術家は院内で待つのではなく、外に出ることで得られるものも多くあります。私も、まだまだ活動は小さいけれど、業界の認知・周知に力を入れていきます。

本日もありがとうございました。

関連記事

  1. 【検証】天才から学ぶ

  2. なぜ、あなたは治療家になったのですか?

  3. ホーチミンの求人について

  4. 【結局】手を抜いている

  5. トレンドに乗ることも大事

  6. タイピングが遅い!!

  7. 整体院選びで迷ったらここを見ろ!イケてる整体院の5つ共通点【治療院経営…

  8. ぶっちぎるために

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。