前提条件について

おはようございます。やまざきです。
本日は前提条件の話です。

勉強するのも、
何かにチャンジするのも、
ものすごく前提条件が影響をしてしまう。

前提条件のいい人は、良い方向に行くだろうし、
前提条件のわるい人は、悪い方向へ行くだろう。

要するに、初めから勝負は決まっている。

そもそも、前提条件のわるい人というのは、
やる前から決め付けている。

「私なんてやってもどうせできないからムダ・・」

やってもいないのにこれはないですね・・
試合の前から勝負は見えています。

できるまでやるぞ!ができるを生む。という法則

何に取り組んでも、
「うまくいく」
という前提条件を持つことです。

人に言われるのではなく、
自分で決めているから
うまく行く。

今の現状がどうとかは関係ありません。

オリンピックでもメダルを取る!そう決めている人がとっていく。
まず、決めてもいない人が選ばれることはまずない。

なので、これからチャレンジすることは
前提条件をしっかり決めることです。

私は単純なので、
この世に生まれていること自体がラッキーだと考えます。
やることなすこと、うまくいく。そう自分で決めています。

あとは疑うことなく、素直に動くだけです。

やる前からうまくいくのか?
どうイメージしているのか?
というお話でした。

さて、
あなたの前提条件はいかがですか?

前提条件が変われば、
同じことをしても、
結果が変わってきます。

常に前提条件が良い方と時間を過ごすことを勧めます。
本日もブログを読んで頂きありがとうございます。
友だち追加

やまざきよしひろ

関連記事

  1. 【やめる】あれこれ考えて行動できない

  2. 【治療院経営のツボ】メルマガ登録受付しました!

  3. 【必然】いい商品は売れます。

  4. 事実はいつも一つ

  5. 整体院選びで迷ったらここを見ろ!イケてる整体院の5つ共通点【治療院経営…

  6. ぶっちぎるために

  7. 患者さんの気持ち【治療院経営のツボ】

  8. やる気はあるけど【落ち込みます】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩
治療院経営のツボ
編集長
治療家お悩み解決人
横浜で鍼灸整体院を経営する現役治療家です。

基本的には一人治療院で、たまに平日の日中妻が受付を手伝ってくれ、体の歪みから来る肩こりや腰痛はもちろんの事、不妊治療や産後の骨盤矯正などの患者さんが多い。そんな治療院をやっています。

大切なものは家族です。自分の家族を幸せに出来ない人に、患者さんを幸せに出来るはずがない。と思っています。

まずは、身近な人から幸せにしていくことから意識してみて下さい。

Twitter

15万広告費を自動で稼ぎ
30人集客する方法を公開