一流の真髄

おはようございます。
私の幼少期は野球漬けの日々でした。青春時代は野球一色・・なのでWBCはとっても興味があります。そんな中でダルビッシュ有さんの気になる記事が出ていました。

日本での試合の間に、数名の選手を引き連れて中野の知人のラーメン屋さんに食べに行った。という記事でした。私も施術家でプロアスリートも見ますので、彼が普段ラーメンを食べるような体ではないのはわかります。

『日本でしか食べられない』のでアメリカに帰る前に食べておきたい。というのが来訪の理由だということですが、ラーメンは美味しいですよねwww

そこで記者さんがいい質問をしてくれていました。『体によくないですが、食べて大丈夫ですか?』

実にいい質問ですし、きっとダルビッシュ有さんを尊敬しているからこそ出てきた質問ですよね。

彼の答えはこうでした。
『日常的に栄養を意識して食事管理をしている。なので今回ラーメンを食べたくらいでは調子は崩れない』

彼の肉体やパフォーマンスを見ていれば、納得の回答ですし、そのレベルでコンディショニングをしているのか!ととても嬉しくなりました。バックヤードで彼をサポートしている方々も素晴らしい。と感じました。

きっと小麦粉を食べて、どのくらいの時間でコンディションを戻せるのか?までは計算できる選手なんだと思います。トレーニング理論や栄養学、サプリメントの知識と野球以外の部分もとても大切にされています。

大谷さんもファイターズ時代に先輩が誕生日ケーキを買ってきてくれて、受け取るのを断った。という伝説を持ってます。怒らない先輩も、大谷さんもすごいですね。

一流ので戦い続けられる理由は裏側にあり。ですね。
今日の準決勝応援してます!!本日もありがとうございました。

関連記事

  1. 組織も悪くないという話

  2. 【実践】叶えたいことはありますか?

  3. トレンドに乗ることも大事

  4. 【思いっきりやる】について

  5. 【新時代の生き方】総合力×行動力=人間力

  6. あなたは誰とつるんでいますか?

  7. ぶっちぎるために

  8. タイピングが遅い!!

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。