海外に展開するということ

本日はホーチミンからお送りします。
日本とは2時間の時差がありますので、こちらは朝です。

人がいる限り体は衰え不調が出てくる。この根本的なニーズに対して施術を通して私はビジネスをしています。

言葉や国境の壁はありますが、世界中には人がいますので私たち施術家も海外でのビジネスも視野に入れている方も増えてきていると思います。

・アジアでは体の悩みで困っている人がたくさんいる
・日本には体の悩みに対してコンテンツがたくさんある

これが海外展開をする時点での判断基準でした。

短期的に見れば、ベトナム人の所得は日本に比べて低いです。整体一回の単価では日本の方が頂けます。
いうまでもなくビジネスで大切、人生で重要なのは中長期の目線です。

・アジアで整体市場を作る
・現地で雇用を産む

ここがとても大切だと感じています。展開をしていく日本人がメリットを受けるだけでは中長期ではうまくいきませんし、拡大させることが最も大切です。

実際にも新しく入ってきたベトナムのスタッフさんは、『知識と経験を身につけて故郷で整体院を開業する。』と言ってくれました。とても嬉しいですし、絶対にその夢を叶えたいです。

当然、ビジネスなので稼がなくてはいけません。ベトナムのサロンは爆益を狙っています。そこからの横展開です。1カ国の成果は他国での展開にとても大きいインパクトがあります。

バンコクへの展開もスタートする2023年です。海外展開に興味のある施術家さんは私たちと一緒に戦ってくれたら嬉しいです。専用のLINEがありますのでメッセージお待ちしています。

本日もありがとうございました!

関連記事

  1. マッサージと治療の違い

  2. 環境が人を作る【治療院経営のツボ】

  3. 専門学校の学費、回収しました?【治療院経営のツボ】

  4. 感性を磨くしかない

  5. 【個性を力に】あなたの伸ばすべき部分は、どこ?

  6. 【広告で成果を出す】テストの精神

  7. アジア旅行でお腹を壊さない方法

  8. 【司令塔】あなたを動かしているのは?

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。