治療院経営に大切な3つの数字【治療院経営のツボ】

from:やまざき よしひろ
自宅近くのスターバックスより

本日は治療院に大切な3つの数字についてお話して行きます。

月商100万を超えない原因は、
治療院やサロンの売り上げの構成を知る事で見えてきます。

患者数(客数) × 施術料金(単価) × リピート(来店頻度)

売り上げはこの3つの数字で構成され、この3つのどこかに問題があると売り上げは上がりません。

例えば、

一月に患者数が50人来院。施術料金が5000円。全員月に2回来院する。

これを式に当てはめると、

50人×5000円×2回=50万ですね。

当たり前ですが、小学生でも出来る計算ですよね。
ではあなたが100万の売り上げを作るにはどの数字を変えて行けばいいでしょうか?

患者数を100人に増やしますか?
施術料金を1万円にあげますか?
リピートを4回に増やしますか?

あなたが100万を売り上げられない原因は必ずこの3つの数字の中にあります。
それでは以下の3つ手順にそって原因を見つけ出しましょう。

①100万の売り上げを作る公式を作る

②現在の売り上げの中身を公式当てはめる

③ ①−②で差を確かめる。

これであなたが100万売り上げられない原因が数字で出ているはずです。
どの数字が足りていないのかしっかり確認してください。

現在地の把握と、目標までの道筋が見えます。

PS.単価の違う施術メニューやリピートの回数で計算しても良いと思います。

例)単価やリピートで分けて考える

50人×5000円×2回=50万
25人×7000円×2回=35万
15人×10000円×1回=15万

これでも100万の売り上げを達成する事が出来ますね。

メルマガ登録





関連記事

  1. 施術料金が安いのでは?【治療院経営のツボ】

  2. ニュースレター【治療院経営のツボ】

  3. 値上げ・時短どちらからやる?【治療院経営のツボ】

  4. 無料で出来る利益率UPの方法【治療院経営のツボ】

  5. 治療院の売り上げの8割は・・【治療院経営のツボ】

  6. キャンセルを減らす方法【治療院経営のツボ】

  7. メンテナンス目的の患者さんは何人いますか?【治療院経営のツボ】

  8. 外注さんに仕事を振る【治療院経営のツボ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み