広告費は予算勝負なのか?【治療院経営のツボ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

from:やまざきよしひろ

治療院業界での広告費の考え方についてお話をしていきます。

私のような一人先生治療院や、スタッフ数名の治療院での広告費には限りがあります。

ビジネスモデル的に、多くても30万程度が限界値です。

実際に30万も掛けている小規模治療院はかなり少ないですが。。。

この限られた予算で、

更に多くの広告費を掛けてくる、資金力のある強者と戦わなくてはいけません。

先生の地域にもある、大きな整骨院グループやチェーン店、

激安なリラクゼーション系のサロンなどと同じやり方で広告を出していたら、

立地で適わない我々は勝てません。

そんな時に必ず心掛けて欲しい事があります。

それは『同じやり方をしない』ということです。

結局は同じ事をしていたら、予算勝負になります。

予算勝負になったら余程高額商品を売る治療院でない限り、

厳しい戦いが待っています。

ですから同じ媒体での広告は勝てる見込みが薄ければ、予算を掛けすぎない。

使用していない媒体があれば、そこに予算を掛ける。

この考え方で広告を出してください。

PPCだったり、SEOだったり、FacebookやYouTubeの広告、

または紙媒体の折り込みチラシやポスティングなど。

ライバルがどんな広告をしているかは、市場調査をしなくてはいけませんが、

必ず出していない媒体で反応が取れる広告があるはずです。

どの地域にも反応のある広告というものがありますので、

それを探すことが集客する一つのコツですので実践してみてください。

試してみないと何もわかりませんよ!

メルマガ登録





 
メルマガ登録
月30人の新患を呼ぶ
リスティング広告の秘訣