2 つの必勝集客ツール【治療院経営のツボ】

from:やまざき よしひろ
自宅近くのスタバより

おはようございます。やまざきです。

先日は見込み患者さんに知ってもらう3つの方法をお伝えしました。

本日はその中でも、勝ち組治療院が必ず持っている2つの必勝集客ツールについてお話して行きます。

二つのツールとは、
『集客出来るホームページ』と『反応させるチラシ』です。
まずは一つ目、

『集客出来るホームページ』です。

世はインターネット時代、オンライン集客はホームページが中心になります。

オンライン集客では、やれフェイスブックだ!今はツイッターだ!

などと色々騒がれていますが、

どのチャンネルも最終的には、
自分のホームページに導いて行く媒体でしかありません。

流行(トレンド)などによってオンライン集客の媒体は変化をしていきますが、
自社のホームページを活用して集客する方法は、
今後15年後は変わる事はありません。

インターネットが普及して、情報発信が非常に楽になりました。
情報量もほぼ無限に増やす事が出来る媒体なので、
ビジネスをしている限り育てて行く事が出来ます。

この時代ですので、治療院がホームページを持っているのは当たり前、
問題は『集客出来るホームページ』になっているかどうか、
が重要なポイントです。

二つ目は、

『反応させるチラシ』です。

オフライン集客の中心がやはりチラシ集客です。

折り込みチラシやポスティング、ハンディング、
院前やジョイントベンチャー先への置きチラシなど

オフラインで集客をコントロールして行くには、
いまの時代でも紙媒体が外せません。

特に新規を集めるために必要な『反応させるチラシ』になっているかどうか、
が重要なポイントです。
以上2点が、必勝集客ツールです。

そんなに驚かないですよね?

実は、集客はシンプルなんです。そんなに難し事はしていません。

要するに、ホームページやチラシが予約につながるクオリティーになっているかどうかなんです。

クオリティーさえクリアしていれば、
アクセスを集めたり・チラシを撒く事を継続していくだけで集客は出来ます。
それでは明日からは、『集客できるホームページ』についてお話をしていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

PS.最後にここまで読んで頂いた方にだけ、
すごく極秘な事を言います。
ここでいうチラシを撒く真の目的は、

『ホームページを見てもらう』
事なんです。

紙っぺら一枚を見ただけで、来院する人なんてどれだけいると思いますか?

ほとんどいないと思ってください。

見込み患者さんはチラシを手にして、
ホームページで情報集種をして、
予約をするか決めます。

チラシが良く出来ていても、ホームページが雑魚だと集客出来ません。

必勝ツールをどちらも持っていない治療院、
これから開業を考えている先生は、
まずは『集客できるホームページ』を得る事が必要ですね。

メルマガ登録





関連記事

  1. ポスティング何枚から?【治療院経営のツボ】

  2. ポスティングいつまで?【治療院経営のツボ】

  3. チラシ集客【治療院経営のツボ】

  4. 見込み患者さんが治療院を選ぶ理由【治療院経営のツボ】

  5. 質の良い患者さんを集める方法【治療院経営のツボ】

  6. コピーライティングのスキル【治療院経営のツボ】

  7. 誰を優先するのか?【治療院経営のツボ】

  8. PPC広告代行の真実【治療院経営のツボ】

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み