日本のガン発症率上昇について何か出来ないの?

日本のガン死亡率が年々上がっていることについて
治療家が真剣に取り組むべきだと国外へ出ていると感じるものがあります。

元先進国の日本では、寿命が長いことで注目を集めていますが
世界で一番寝たきりが多い国でもあります。

そして、きわめつけはガン発症率が伸び続けています。

世界ダントツナンバーワンの超超高齢国家であるので
癌発症率も高くなることは頷けるのですが、
それにしても上昇し過ぎ感があります。

欧米に関しては年々減らしてきているのに
日本だけ上昇している現実・・
これに対して、治療院業界は何か取り組みはできないものでしょうか?

食生活を切り取ってみても、日本の質が落ちているのは気付いていると思います。

食生活の欧米化・・と言われていましたが、日本の食生活の方が悪い。
そんな現状が、この数字を産んでいるのだと考えます。

糖質にまみれた、栄養価の低いものばかりに依存をして、
血糖値に左右をされながら無意識で食事をしている。
親がそうなのですから、子供達も同じ食事をしているのをみていると怖さを覚えます。

運動もそうです。日本人はとにかく運動をしない。
怠けているのでしょうか?
運動不足で血流も悪い。覇気もない。
この状況でクリティブな発想なんて出来ない。
思考停止に陥っているから、
世界最先端の研究施設でも日本人がいなくなっている。
肥満も増えて、動くことをやめたら、
生物として弱くなっていくことは一目瞭然である。

知識がないから?環境がないから?
そんなことで、日本の健康状態が悪くなっているのであれば
治療院経営者でも何かできることがあるではないか?
と本気で考えます。

知識がないなら、情報を提供し続ける。広告規制などがうるさいので、個人としての意見を伝え続ける。

環境がないのであれば、せめてあなたの治療院に関わる人のために環境を整備する。

そう考えるだけでも、まだまだ治療院経営者のできることはあると思いますし、もっと自信を持って健康について情報を発信してもいいと思う。

当然、ガンが治るとか。そういう奇跡的な話はいらない。
健康に対して携わるものである限り、
出来ないもの・出来るものの守備範囲をしっかりと分けられる人間でないといけない。

健康のプロ

は治療院業界である。西洋医学も東洋医学も知識を取り入れているハイブリットだ。
もっと自信を持ってできることを、発信しなくてはいけない。

日本には困っている人ばかりであふれています。
治療院業界の中で、戦うのではなく、日本の健康難民と戦わなくてはいけない。

まだまだ治療院業界のポテンシャルは発揮出来ていない。
そしてまだまだやれる業界であることを世界に証明するべきだ。

そんな感じで、来週は中国天津で暴れてきます。

本日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

関連記事

  1. できない理由がたくさんある時は。

  2. 事実はいつも一つ

  3. 【多数派】責任から逃げる人

  4. 【結局】手を抜いている

  5. 【司令塔】あなたを動かしているのは?

  6. 【必然】いい商品は売れます。

  7. 【総合力】星野源さんを見習う

  8. 【個性を力に】あなたの伸ばすべき部分は、どこ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み