【元祖】技術大国

中国の天津にて
日本の施術の可能性を感じてきました。

ベトナムで治療院が展開している中で
中国の再生医療トップの病院で
日本の施術がどこまで受け入れられるのか?

を今回の天津の交渉でのチャレンジでした。

動画にもまとめています。

https://youtu.be/DZyes62db20

13年前、北京へ鍼灸の留学で訪れたぶりの
中国です。

北海道くらいの高さにあるので、
一足先に冬を感じてきたのですが
想像以上の熱さを感じることができました。

体の悩みは日本と同様に
膝が痛い腰が痛い首が痛い肩が痛い・・
そもそも人口が日本の約10倍
なので数が違います。

その困っているニーズに対して
施術者側のスキルと人数が
足りていないのです。

鍼灸は変わらず盛んに行われているのですが
鍼灸の守備範囲・骨格矯正の守備範囲など
この守備範囲が明確になっていない印象を強く
受けました。

中国では西洋医学のドクターと東洋医学の中医師が
いますが、主に手技関連は中医師が行います。

この方々と我々日本の施術家との相性が
とても合うと今回の交渉でも理解できた部分です。

日本の施術や手技力は世界でも上位に入ります。
治療院が乱立する中、そして世界1の超高齢化社会で
エイジングと戦っている手技力ですから
世界に通用するのは当然といえば当然です。

この手技が世界に求められている
ことを多くの日本人施術家に
伝えることが、日本の治療院業界の発展に繋がる
ことが明確になりました。

中国でも病院内での施術、そして手技スクールが
展開をしていくと、
再生医療のトップと日本の手技の
コラボレーションが実現されるかもしれません。

どんな形であれ、問題になるのは
ライセンスの問題です。

日本の国家資格を中国で発揮をする
ある方法も教えて頂きました。
これがないと海外では戦えません。

もちろん、施術の概念がない国には
ライセンスはありません。
逆にライセンスを発行していく側として動いていきます。

もし、このライセンスの問題を解決したい!
という方がいたら個別で教えますので
LINEから連絡をしてください。

一緒にアジアへ手技を展開していきましょう!

関連記事

  1. 【治療家限定】栄養指導で月40万を得る方法

  2. 不妊に整体・鍼灸はどのようなサポートが出来るのか?【治療院経営のツボ】…

  3. 炭水化物をとらないと治療が上手くなる【治療院経営のツボ】

  4. ビフォーアフターは必要?【治療院経営のツボ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み