炭水化物をとらないと治療が上手くなる【治療院経営のツボ】

from:やまざきよしひろ

治療院をしている先生方は昼食はどうしてますか?

昼休みを取っている治療院であれば、昼ご飯を食べている事でしょう。

私の場合は、昼休みの時間を取っている訳ではないので、

施術の隙間で軽く食べる感じです。

昼食の時間を決めて食べるのが嫌ですし、

お腹がすいたら食べるのが普通なので、

今のところ昼休みは考えてません。

特に昼ご飯に炭水化物を取っている先生、

昼食後に眠くなりませんか?

これってすごく利益率を落としている事に気付いてほしいです。

眠くならなければ、治療以外の仕事も出来るので、

食事を変えるだけでも売り上げ、利益率上がりますよ。

私の場合は、昼には野菜と肉しか食べません。

基本は生野菜に茹でた豚肉や鶏肉をのせて食べてます。

サラダの量もだいたい200グラムほど取るので、

これだけ食べれば夜までお腹が減る事もありません。

そんな食事じゃ力が出ないと思っている先生は多いと思いますが、

肉もしっかり取っているので特に気になりません。

もし夕方以降お腹が減ったときは果物を食べてます。

バナナとかリンゴとかみかんが多いですね。

昼食を変えるだけで、昼の仕事の集中力が上がりますので、

売り上げや利益に繋がる仕事ができます。

昼寝をする先生もこの食事であれば、15分寝ればすっきりしますので、

参考にしてみてください。

 

メルマガ登録





関連記事

  1. 【治療家限定】栄養指導で月40万を得る方法

  2. 不妊に整体・鍼灸はどのようなサポートが出来るのか?【治療院経営のツボ】…

  3. ビフォーアフターは必要?【治療院経営のツボ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み