あなたは◯◯の専門家【治療院経営のツボ】

from:やまざきよしひろ

先生は何の専門家ですか?

これは同業者からではなく、

見込み患者さんからどのようにみられているのかという質問です。

ホームページをみたり、チラシをみた見込み患者さんが、

すぐに◯◯の専門家だとわかる内容になっていますか?

もし慢性的な腰痛の方がいるとしましょう。

この方が慢性的な腰痛を解決出来る治療院を探していたとしましょう。

ホームページやチラシをみて、どの治療院も腰痛治療はやっていますよね。

だからこの患者さんは迷ってしまうんです。

自分の腰痛はどこにいったらいんだろう。

足は痺れていないし、歩けない訳でもないし、でもずっと痛いんだよな。。。

こんな状態の時に、慢性腰痛のチラシや慢性腰痛のLPにこんなヘッドラインがあったらどうでしょう。

 

『腰痛で6ヶ月以上お悩みのあなたへ

腰痛専門の治療院が◯◯にあるのをご存知ですか?』

 

非常にシンプルなヘッドラインですが、慢性腰痛の方だけ反応します。

あとはこのメッセージが慢性腰痛の方に届ければいいだけです。

PPC広告を使うのか、ポスティングするのか、

整形外科に通っている人にハンディングするのか、

スポーツクラブとJVするのか。

慢性腰痛の方がどのような生活をしているのか、

どうやってメッセージを届ければよいか解りますよね。

それでも解らないならば、慢性腰痛で来院した患者さんに聞けばいいです。

出来れば、チラシや慢性腰痛のLPもみてもらい、これで来院するか聞いてみるといいですよ。

その方が来るならば、同じような患者さんが来てくれますので参考にしてみてください。

メルマガ登録





関連記事

  1. 【秘訣】リサーチをやめる

  2. フロントエンド・バックエンドの法則【治療院経営のツボ】

  3. 差別化しろって言うけれど・・【治療院経営のツボ】

  4. あなたの仕事は治療ですか?【治療院経営のツボ】

  5. ライバルが強い時のポジショニング戦略【治療院経営のツボ】

  6. 治療院経営の原理と3つの法則【治療院経営のツボ】

  7. 治療院経営に必要な3つのスキル

  8. 資格やスキルについて【治療院経営のツボ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩
治療院経営のツボ
編集長
治療家お悩み解決人
横浜で鍼灸整体院を経営する現役治療家です。

基本的には一人治療院で、たまに平日の日中妻が受付を手伝ってくれ、体の歪みから来る肩こりや腰痛はもちろんの事、不妊治療や産後の骨盤矯正などの患者さんが多い。そんな治療院をやっています。

大切なものは家族です。自分の家族を幸せに出来ない人に、患者さんを幸せに出来るはずがない。と思っています。

まずは、身近な人から幸せにしていくことから意識してみて下さい。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み