【秘訣】リサーチをやめる

やまざきです。

本日はリサーチをやめる。という話です。
ビジネスをしていると競合について調べます。

要するに、自分と相手を比べているわけですが、
この先には一向に活路を見いだすことができません。

大抵は比較している相手と同じことをして
似た戦略を取ってしまい、結局被っていく・・
というパターンになります。

こうなると、先にやっている人が有利で、
数の勝負に突入するので、
なかなか突き抜けることが難しくなります。

たしかに、相手を知る上で、リサーチは必要です。
全くしないのは問題ですが、入り口だけ十分です。

お客へ対してあなたしかできないことに
力を入れたほうが得策です。

・競合とは戦わない
・比較をしない
・リサーチをやめる

これを意識すると、あなたは競合とは違う存在になれます。
違う存在ということは、オンリーワンになるということ。

【逆をいけ】

先生からはこう習っています。
自分からではなく、客から見て
逆のことをやっていく。

成果を得たいのであれば、
大多数ではなく少数に入らなくてはいけません。

ただしそこには勇気が必要です。
競合を見ていたら逆の行動はとれない。

自らを認め、自信を持っていなくては
逆へ向かうことはできないです。

自分を信じて、リサーチをやめて、比べるのをやめる。
お客へ対して何が出来るのか?
これだけに集中しましょう。

本日もブログを読んでいただきありがとうございます。
友だち追加
やまざきよしひろ

関連記事

  1. 治療院経営に必要な3つのスキル

  2. あなたの仕事は治療ですか?【治療院経営のツボ】

  3. ライバルが強い時のポジショニング戦略【治療院経営のツボ】

  4. 差別化しろって言うけれど・・【治療院経営のツボ】

  5. 資格やスキルについて【治療院経営のツボ】

  6. フロントエンド・バックエンドの法則【治療院経営のツボ】

  7. あなたは◯◯の専門家【治療院経営のツボ】

  8. 治療院経営の原理と3つの法則【治療院経営のツボ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩
治療院経営のツボ
編集長
治療家お悩み解決人
横浜で鍼灸整体院を経営する現役治療家です。

基本的には一人治療院で、たまに平日の日中妻が受付を手伝ってくれ、体の歪みから来る肩こりや腰痛はもちろんの事、不妊治療や産後の骨盤矯正などの患者さんが多い。そんな治療院をやっています。

大切なものは家族です。自分の家族を幸せに出来ない人に、患者さんを幸せに出来るはずがない。と思っています。

まずは、身近な人から幸せにしていくことから意識してみて下さい。

Twitter

15万広告費を自動で稼ぎ
30人集客する方法を公開