ホーチミンの求人について

本日もホーチミンよりお送りします。
ホテルの隣にパン屋さんがあるので買ってみました。

フランス領だった過去もあり、パンはとても美味しいです。日本の感覚からすると高いかもしれませんが、ベトナムで食べ物に困ったらパンを食べるのはありです。パクチーや青唐辛子など結構入っているので、ベトナム料理が続いてしまうとお腹に来てしまう方もチームにいます。

本日は現地での求人についてですが、ベトナムにはリラクゼーションサロンがたくさんあります。もちろんそこで働いているスタッフさんも多くいるわけです。

私たちは整体・エステなどを提供してるので、体に触れる仕事をしている方はとても良い人材になります。現地にはマッサージの学校はありませんので、近しい学校ですと日本でいう理学療法士の養成学校があります。

現在のスタッフさんはリラクゼーション経験のある方と日本で介護施設で働いていた理学療法学校卒の方がメインで整体をしています。施術の習得に関しても問題なく、日本とは大差なくマスターしていただいています。

彼女たちは積極的にキャリアアップのため職場を変えることに抵抗はありません。なので成長に応じて昇給や福利厚生などを提案して良好な関係を続けていくことが大切だと感じています。

なので、日本よりも求人に困ることはなく、技術力の高いスタッフを育成することは可能です。大切なのは継続的に良好な関係を気づいていくことができるかどうか?これは日本でも同じですね。

どの国に行っても、人が中心なので大切なところは一緒。そう感じています。
本日もありがとうござました!

関連記事

  1. 【検証】天才から学ぶ

  2. 整体を受けて圧迫骨折!?

  3. 【実践】叶えたいことはありますか?

  4. 年末年始はどう過ごしますか?【治療院経営のツボ】

  5. 近隣の治療院との付き合い方【治療院経営のツボ】

  6. 整体院選びで迷ったらここを見ろ!イケてる整体院の5つ共通点【治療院経営…

  7. 日本のガン発症率上昇について何か出来ないの?

  8. スピリッツを届ける

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。