見込み患者さんが来院しようと判断するポイント【治療院経営のツボ】

あなたは実際に体の不調を抱えて治療院を探した事があるだろうか?

体に問題を抱えて、それが日常生活にも影響した時に、解決をしたいから治療院を探すのが一般的な流れです。

この時に、ネットで検索をして、あなたの治療院のホームページが出てきたり、

チラシがたまたま入ってきたり、以前ポスティングをした時のチラシを取っていたりしてくれていればあなたの治療院に来院する確率が高くなる。

つまり見込み患者さんが必要としてくれないと、治療院には来てくれません。

ですから、チラシを撒くのも、PPC広告を打つのも、

全て患者さんが必要になった時に、探してもらい易いように広告を打っていることを忘れないで下さい。

では見込み患者さんが来院を決めるポイントについて解説をします。

外見

治療技術は受けてみないと誰にも解りません。

技術の善し悪しは来院してもらってからの話なので、新規集客の時点では関係ありません。

まず判断するポイントは外見です。

患者さんは、悩みを抱えて来院する訳ですので、誰に・どこで施術をしてもらうのかが重要です。

当たり前ですが、外見が変な人に悩みを話す訳ありませんよね?

もちろんイケメン・キレイな治療家であれば最高です。外見がイイ先生は特をします。

外見が残念な治療家さんは、イケメンに見せることはいくらだって出来るはずです。

治療院の清潔感なども同じです。

ホームページ、チラシにも写真を載せると思いますが、必ずプロの写真家にお願いをしてください。

素人が取った写真では無理です。必ず治療院まで来てもらって撮影をしてもらいましょう。

美容院に毎月行って、プライベートでもかっこいい・綺麗目な服を着て下さい。

信頼を勝ち取る

外見でクリアをしたら、次は信頼を勝ち取らなくてはいけません。

抱えている悩みが深ければ深い程、この信頼を勝ち取るまでの時間が長くなります。

ギックリ腰などで早急に治療を受けたい場合は、信頼よりもすぐにみてくれるのかどうかが重要になってきますので、

例外はありますが、どこの治療院にいっても良くならない治療院ジプシーの方や、さらに深い悩みを抱えている、アトピーや不妊のかたであれば、信頼の壁を越えるまで時間が掛かります。

ここで役立つのがブログです。

あなたがどのような情報を発信しているのかで、体を預けられるのかどうかを判断します。

ですから、ブログではプライベートの事などいりません。

見込み患者さんが抱える悩みを解決するような記事を書く事が最も有効なのです。

見込み患者さんの不信感を信頼出来る状態にまで持ち上げるのがブログでの目的です。

まとめ

今ご覧になっている治療院経営のツボに関してもそうですが、今では無料で情報を集められる時代です。

これからはどれだけ情報を発信しているのかが勝負になってきます。

金がある人が強いのは変わらないですが、毎日コツコツやっている人が報われる時代なので良い時代ですね。

ぜひ毎日信頼を勝ち取る為にブログを書いて下さいね!

 

メルマガ登録





関連記事

  1. ホームページの成約率【治療院経営のツボ】

  2. ポスティング何枚から?【治療院経営のツボ】

  3. 最優先で身につけるべきスキルとは?【治療院経営のツボ】

  4. フロントエンド・バックエンドの法則【治療院経営のツボ】

  5. 外の仕事(営業)【治療院経営のツボ】

  6. なぜ、集客出来ないのか【治療院経営のツボ】

  7. ホームページから患者さんが来ないのは、なぜ? メッセージ編【治療院経営…

  8. 集客出来るホームページの構成【治療院経営のツボ】

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み