値上げ・時短どちらからやる?【治療院経営のツボ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

from:やまざきよしひろ

本日は値上げと時短について解説していきます。

どちらも時間単価を上げて、利益率を上げる施策であることはご理解頂けると思います。

一時間に一回5000円で一人診ていれば、時間単価は5000円です。

単価を一万円に値上げすれば、時間単価は10000円

治療時間を30分にして、二人診れば時間単価は10000円です。

 

まず時間単価を上げる事を考えたら、時短をしましょう。

先生の治療にも必ずやらなくてもいい事があるはずです。

 

私たち治療家が求められているのは結果です。

時間が短くても結果が出ていれば、誰も文句はいいません。

 

そもそも一時間○◯円で施術をしているのは、治療ではないのでは?

本当に体を治す為に治療を組み立てるのであれば、時間なんかで計る事は出来ないはずです。

その日の状態、症状の出方なんかで治療方法が変わるはずなので、時間で治療を引き受けるのはやめてください。

当院ですと、常連さん程治療時間は短くなってきます。

体の癖なども理解出来ているので、治療時間も短くすみます。

短い方が患者さんも負担も減りますしね。

ですから、治療時間を聞かれた場合は、あくまでも目安の時間を伝えるようにしてくださいね。

そうすれば短くなっても文句は出ませんので。

時短が成功して、予約がパンパンになったら、次に値上げをして下さいね。

値上げに関しては次回お楽しみに。

メルマガ登録





 
メルマガ登録
月30人の新患を呼ぶ
リスティング広告の秘訣