ポスティングするエリアはどこまで?【治療院経営のツボ】

from:やまざきよしひろ

本日はポスティングするエリアについてのお話です。

治療院は地域ビジネスだから何キロの範囲で撒いてください。

よくこんな風に言われますよね。

確かに治療院までの距離って重要です。

通い易いか通い辛いかにもよりますよね。

もし駅近の治療院なら、もし駐車場がある治療院なら、

これなら商圏が広がりますよ。

最寄り駅の沿線に撒いたっていいですし、車で来れる範囲なら来させる事が出来ます。

実際治療院から15キロ離れたエリアにポスティングを入れた事がありますが、

近所だと1%の反応率が、0,7%に落ちるくらいです。

ですが、ここからが違う。

遠くの人の方がLTVが高いんです!!

なんせ遠くからわざわざ車を運転して、電車を使って来院してくれているので、

意識も高いし、患者さんの質も良いです。

ですから反応率が少し下がったとしても気にする必要は無いんですね。

先生のターゲットがいるエリアであれば、治療院からはなれていても来院させる事は可能です。

まずは少ない枚数からテストをしてみてはいかがでしょうか?

 

メルマガ登録





関連記事

  1. 患者さんの来ない一番の理由【治療院経営のツボ】

  2. 治療院ホームページ集客の解説【治療院経営のツボ】

  3. 誰を優先するのか?【治療院経営のツボ】

  4. ホームページから患者さんが来ないのはなぜ?アクセス編【治療院経営のツボ…

  5. 一人治療院が生き残るには【治療院経営のツボ】

  6. ホームページ集客【治療院経営のツボ】

  7. 治療院ホームページのアクセスアップ【治療院経営のツボ】

  8. なぜ治療院に来なければいけないのか?【治療院経営のツボ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み