新規病のあなたへ【治療院経営のツボ】

A先生『新規の患者さんが少ないからなんです!』

新規病に感染している、治療家がよく言うセリフだ。

 

私『月に何人来たら良いのですか?』

A先生『沢山です!』

私『誰を呼びますか?』

A先生『腕はあるので誰でもみれます!』

私『気持ちだけは分かりました・・・・』

 

これは、かなり重度の新規病に感染している。

今日はこんな新規病治療家に処方箋を出す。

 

 

確かに、集客がうまくいけば経営の問題の8割は解決出来る。

ただ、治療院に【利益が残る】のかどうか別の問題。

あなたがビジネスをしているのあれば、

患者さんの数を増やす事が最終目標ではないはず。

あなた自身にどれだけ利益が残り、

預金残高をいかに増やす事が出来るかどうかである。

 

治療院にもマーケティングの血が通い出して、

患者さんを獲得する広告費も上がっている傾向にある。

新規を呼ぶには、広告費が掛かるのは理解出来るはず。

 

治療院経営で重要な要素は、

 

患者数×治療単価×リピート

 

この3つの数字がかけ算で存在している。

 

新規集客ばかり追っかけていると、

コストばかりかさみ、

もしリピートや治療単価が低ければ、

利益は残らない。

 

新規病の方はまずは、上記の3つの数字を明確にする事をすすめる。

治療単価が高くて、リピートも満足に取れているのであれば、

ビジネスモデルとしては最高。

ガンガン新規を集めて、さらに単価を上げればいい。

あなたの預金残高は更に増えること間違いない。

 

残念ながら、冒頭に出てきたような治療家は、

治療単価も低く、リピートとれていない傾向が多い。

いくら新規を集めたとしても、

バケツに穴が開いているのと同じで、

患者さんを入れてもドンドン漏れていく。

 

新規病のあなたは、

まずバケツの穴を塞がなくてはいけない。

追伸

バケツの穴を塞ぐ具体的な方法はメルマガ登録者にお伝えしています。

メルマガ登録





関連記事

  1. PPC広告代行の真実【治療院経営のツボ】

  2. 【治療院集客】リスティング広告の考え方【治療院経営のツボ】

  3. 95%の患者さんは・・【治療院経営のツボ】

  4. 治療院の広告が反応しない理由【治療院経営のツボ】

  5. チラシ集客【治療院経営のツボ】

  6. ツーステップマーケティングのすすめ【治療院経営のツボ】

  7. これから開業する治療院は不利??【治療院経営のツボ】

  8. 新規集客がうまくいかないとどうなる?【治療院経営のツボ】

メルマガ登録

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩
治療院経営のツボ
編集長
治療家お悩み解決人
横浜で鍼灸整体院を経営する現役治療家です。

基本的には一人治療院で、たまに平日の日中妻が受付を手伝ってくれ、体の歪みから来る肩こりや腰痛はもちろんの事、不妊治療や産後の骨盤矯正などの患者さんが多い。そんな治療院をやっています。

大切なものは家族です。自分の家族を幸せに出来ない人に、患者さんを幸せに出来るはずがない。と思っています。

まずは、身近な人から幸せにしていくことから意識してみて下さい。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み