集客の仕組みとは【治療院経営のツボ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

from:やまざきよしひろ

集客に困っている人は沢山いる。治療院ビジネスに置いて問題になってくるのが、

・新規が取れない

・リピートが取れない

・高単価に出来ない

上記の三点です。今日はこの新規が取れない部分にフォーカスして解説をしていきます。

集客の仕組みとは

よく集客の仕組みを作りましょう!!とか言ってますけど、あなたはどんな物を想像しているでしょうか?

『何もしないでも集客し続けてくれる自動の集客装置』

恐らくこのような物を想像していませんか?

そんな装置があれば、立派な集客の仕組みになりますけれども、ありませんよそんなの。。。

あったとしてもめちゃくちゃ高いですね。様々なキーワードで上位表示されるのは自動集客装置と言えそうですが、一日一万アクセスを集める強いサイトなどは、1000万以上で取引させる時代になりましたので、自動的に集客をしてくれる仕組みを導入しようとしたら莫大な資金が必要になります。

ですから、集客の仕組みとは数字で計測出来る経路が仕組みだと考えて下さい。

集客の仕組みの考え方

オンラインでは100アクセスあったらお問い合わせが一件はいる、肩こりの集客用のページがあったとしましょう。今月は10人肩こりの患者さんが来て欲しければ、一ヶ月で1000アクセス集めれば言い訳です。

オフラインでのチラシでも同じです。腰痛のチラシを5000枚巻くと5人来院するので、10000枚撒けばいいのです。

このようにして広告費を調節することにより、集客する人数が調節出来ます。数字で解るということは立派な仕組みですね。

折り込みチラシや、リスティング広告などは広告の量を調節し易いですのでおすすめです。

まとめ

この仕組みに書かせないのが、成約率が想定されたチラシやウェブページです。

ウェブページの場合、集客出来るキーワードでSEOの上位表示をさせる事が出来れば、広告費も使用せずに集客する事も可能です。最終目標はSEOでの上位表示を目指して日々記事更新に励みましょう!

高い成約率をたたき出すチラシやウェブページを作成のポイントは別の記事でお伝えしますので、お楽しみに。

メルマガ登録





 
メルマガ登録
月30人の新患を呼ぶ
リスティング広告の秘訣