ディズニーから学ぶ値上げの方法【治療院経営のツボ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ディズニーランド

『忙しい割に売上・利益が少ない・・』

あなたの治療院の稼働率が7割を超えているのであれば、

値上げor時短をすると利益率を上げる事が出来ます。

今回は値上げの方にフォーカスをして、

毎年値上げをしているディズニーランドから、

ストレスなく、値上げをして、利益をとりにいく、値上げの方法を学びます。

値上げをするメリット

ディズニーファンの我が家は、毎年4回はディズニーランドへ行きます。

ここ数年ディズニーは、4月に値上げをしているのですが、

値上げ直後の4月の一週目には必ず遊びにいきます。

理由は空いているからです。

来場者数が激減しますので、ご飯を食べるのも、

乗り物に乗るのも空いていて最高です。

どのくらいの好き具合かというと、

『午後3時でもプーさんのハニーハントのファストパスが取れる。』

といったところでしょうか。(通常は12時にはファストパスはなくなります)

待ち時間へって、満足度上がる

値上げをして来場者が減ったところで、

満足度が高くなる事で、リピート率が上がります。

実際4月の来場者数は減るのですが、

値上げ直前の3月は『駆け込み需要』の為、大混雑になります。

もちろん来場者が多くなっていますので、売上も上がっていますので、

4月の来場者数の落ち込みは特に問題無し。

しかも、6月には来場者数は値上げ前の人数に戻ってくるので、

値上げが来場者数に与える影響はほとんどありません。

値上げによって収益拡大し、新たな設備投資に、次の集客へつながる。

顧客も多少入れ替わるので良い循環が生まれます。

img_f83ffac6a44b4d9e0aa5e1031d54e733144674

値上げをしないデメリット

値上げをすることから得られる利益をとりにいけないので、新しい設備投資が出来ない。

加えて、混雑によって満足度が下がりリピートが落ちる事が考えられます。

せっかく行くなら、乗り物だって乗りたいし、ミッキーと写真を撮りたいし、

食事をするのにも並びたくありません。混んでいると満足度は下がります。

 

治療院でも同じで、稼働率が7割を超えてくると、かなり忙しく感じます。

治療の質が下がる可能性もありますし、治療以外の仕事が出来なくなる場合もあります。

この状態を長く続けていると、

中だるみ状態になって優良患者さんが離れていくこともありますので、

要注意です。気づかないうちに離脱していくのが特徴です。

値上げをしたときのデメリット

実際値上げをすると、一部から意見が上がります。

特にディズニークラスになると、ニュースでも取り上げられるので、

『あ〜、また値上げか〜』

『子連れには苦しい』

『夢の国が、また夢の国になった』

などのように外野がガヤガヤ言い出す。

ネット上ではこのような話題が拡散し易い傾向にあるので、

値上げ=悪いイメージを持ってしまいがちだが、

来場者数と収益を見れば、間違っていない事は一目瞭然だ。

値上げにより、期待値は高まる

当然、治療への期待感は値段が高い分高まる。

あなたやスタッフが値上げへのマインドがついてこないと、実現は難しい。

治療技術があるのであれば、全く問題なく値上げが出来るはずだ。

値上げを治療院に当てはめると?

値上げをする分、新規集客とリピート率の低下が考えられる。

患者さんの負担が増えるのだから、当然想定出来る。

新規集客の難易度・コストが上がる

値上げをしている分、新規集客のコストは増えるケースが多い。

今まで3000円で一人集める事が出来ていたのが、5000円になる感じだ。

当然、集客にもとめられるスキルも高くなり難易度も上がる。

値上げ後にマーケティングとコピーライティングを駆使して集客を出来れば、

障壁はなくなる。

一回の施術料金が上がっているので、リピートが落ちる可能性がある

リピート率に関しても今まで通りのフォローアップだと数字が落ちる可能性がある。

 

値上げをするからには、

値上げをして獲得コストが上がっても広告費を出せる、

ビジネスモデルやリピートの戦略を強化する必要がある。

 

簡単に言うと、

値上げをしても集客を出来て、しっかり継続をしてもらえればいいのだ。

実際問題、稼働率を7割を超える能力がある治療家なら、難しくはない。

患者さんの気持ちを理解し、技術もある程度ないと、稼働率7割を取れないからだ。

もしも稼働率が7割を超えていないけれども値上げをしたい場合は、

それなりのスキルと能力が必要になるので、難易度が上がる。

値上げの前に、稼働率を7割目指してみてはどうだろうか?

まとめ

金額面では、値段以上の価値を提供していれば、全く問題ない。

治療技術や成果で勝負をすればいい。

もしも値上げをして、患者さんが離れてしまう場合は、

金額で判断をしている、患者さんを集めていた。というところだ。

あなたの売っている広告は、値段だけで判断をされている可能性が高い。

値段も行動を起こさせる一つの要因として重要だが、

あなたの提供している価値の方が重要だ。

値上げをしても何度も行きたくなるようなディズニーのような、

治療院作りが出来れば最高だと思う。

 

追伸

値段だけで判断をされる広告では、

確実に質の悪い患者さんが入ってくる。

特に一人治療院で質が悪い患者さんを取り込んでしまうと、

致命的なダメージを受ける。

優良な患者さんを引き寄せるには、

あなたの価値を知ってもらわなくてはいけない。

5つのルールに従って発信をすると、価値が伝わるようになります。

 

メルマガ登録





 
メルマガ登録
月30人の新患を呼ぶ
リスティング広告の秘訣