治療院の広告でのマインドセット【治療院経営のツボ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

from:やまざきよしひろ

あなたは集客についてどのようにお考えだろうか?

治療院は患者さんが悩んでいる事を解決する場所。

その悩みにフォーカスして広告をうっていけばいいんです。

だから広告をうてば必ず反応がある。

 

あなたは、

チラシなんて撒いてもどうせ来ない。

折り込みチラシなんて誰も新聞とってないでしょ。

PPC広告は反応ないからやらない。

とか思っていることでしょう。

 

確かにそのマインドでは、反応させる事はできません。

理由は簡単です。

中心が患者ではなく、あなたになっているから。

あなた中心で書いた広告文は、

あなたの自己満足を満たすだけの広告です。

きっと書き上げた時にこれなら絶対来る!

と思った事でしょう。

そんな広告はゴミ箱行きです。

 

反応がある広告は、

患者さんが中心になって書かれた広告です。

マーケティングでいう3Mの、

『誰に』

のペルソナが明確になっている広告です。

そしてリリースする時、不安になります。

・こんな強烈な事言ったらヤバい

・返金されたらどうしよう

ポストに入れる時もヒヤヒヤです。

 

広告をうつ時のマインドセットとしては、

・患者さんは、私の治療院を探している。

・このメッセージを受け取ったら断るのがバカだ。

・常に自分を必要としている患者さんが沢山いる。

このマインドセットです。

だからうてば反応が出るのが当たり前なんです。

やる前から反応があるかどうか不安になっていても何も変わりません。

反応を決めるのは患者さん達ですよ。

メルマガ登録





 
メルマガ登録
月30人の新患を呼ぶ
リスティング広告の秘訣