最近感じた、売れない理由(売れているのが正解)

相手のニーズにこたえることでビジネスは成り立つ。

不満や悩んでいることに対して、解決策を提案したり、
代わりに解決をする代行ビジネスというのもある。

提供している商品やサービスが
ニーズにこたえたり、埋めたりするものであれば
売れないはずはないです。

相手のニーズにこたえることで
ビジネスは成り立ちますので。

それでも、
現場では売れないという場面にでくわすことがあります。

売れていない・・・のはなぜなのか?
ヒアリングを重ねているうちに
ちょっとしたズレを感じました。

本来は相手のニーズにこたえることが
目的の商品やサービスが

提供している本人のニーズを埋めるための
商品やサービスになっている。

というケースです。
表向きには、ニーズを解決してくれそうな
商品やサービスを提供しているので
パッと見るとわかりません。

ですが、質問を重ねてくると
修正すべき点が出てきます。

「誰のための商品やサービスですか?」
「どんなニーズを解決することができますか?」
「商品やサービスを受けるとどうなりますか?」
「いつから売り出しますか?」
「どのようにしてお客さんに届けますか?」

このような質問をさせていただくのですが、

はっきりとイメージできていれば鮮明な回答を
もらえます。
その鮮明さの強さが強ければ強いほど
成果が出やすい傾向にあります。

常にお客さんが中心にいて、
抱えているニーズに対してどうやって解決していくのか。
ニーズを解決した先にどうなっているのか。
のように回答の主役はお客さんが中心になっています。

質問をした私自身がイメージをできるほど
明確な回答をしているということなので
お客さんもそう感じる可能性が高い。
だから成果が出やすいのかな・・と感じています。

しかし、なかなか成果が上がりづらいケース
では上記の質問の回答に対して

お客さん

の存在感が薄いです。

お客さんのニーズを埋めることが
ビジネスになるはずが

提供している方のニーズを埋めるために
ビジネスをしている

という形になってしまうと
お客さんの存在が薄れてしまいます。

本来の主役がお客ではなく
提供者になっているので
これではうまくいきません。

ビジネスなので売れなければ
話になりません。

なのでまずは徹底的に相手の
ニーズを埋めることだけを
考えるべきです。

そうすれば売れやすくなるのは
明白です。

そして売れた結果
提供者のニーズも埋まります。

自分自身のニーズを一旦後回しにできる方が
ビジネスでは成果が出やすいと感じます。

まずはあなたがリスクを背負って
徹底的に与えることに徹する。

うまくいっていないのに
与えることなんてできない・・・

はじめはみんな0から始めています。
何もないところから与えていきます。

あなたがお客さんのためにどれだけ熱くなれるのか?
が大切なんだな・・と感じる今日この頃でした。

本日も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

関連記事

  1. 【思いっきりやる】について

  2. 【強さの秘訣】見返りを求めない

  3. 【検証】天才から学ぶ

  4. 【司令塔】あなたを動かしているのは?

  5. 【目標】決めれば出来る

  6. 年末年始はどう過ごしますか?【治療院経営のツボ】

  7. できない理由がたくさんある時は。

  8. あなどっていた!?【facebook広告】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み