本気で治したい患者さんにする方法【治療院経営のツボ】

from:やまざきよしひろ

先日来院した販売員の28歳女性、首肩こりと股関節に症状を抱えて来院しました。

頭痛がしてしまうと仕事にならないので、毎日ロキソニンを服用している。

ここ3年ずっと症状を抱えていて、整骨院でマッサージや電気を受けていました。

運動はしていないし、食事も悪い。朝は取らないで昼に社食か外で食べる。夜は遅いので食べない事の方が多い。

中々の体の悪さで、本人ももう付き合って行くしかないと思っている。

こんな食事内容じゃ体が回復する訳もない。

最近は食事の重要性をさらに認識するようになった。

 

彼女に問診時にはっきりと言います。

『そんな生活じゃ、何をしても調子よくなりませんよ。実際にいままでどうでしたか?』

患者さんも現実を受け止めきれず動揺し出す。少し言い訳のような事も言ってたかな。

そしてさらに聞きます。

『あなたが本当に良くなりたいなら、施術をしますし、

食事と毎日出来る範囲のトレーニングを教えます。どうしますか?』

患者さん『治したいです。体を変えたいんです。お願いします。』

 

私の場合はここまで関係を構築して施術をはじめていきます。

この状態であればリピートが取れないはずがない。

患者さんが変わらなければ改善への道は開けないのが前提なので、

協力してくれるので早く調子が良くなる。

わざわざ治療院に来院しているのだから、かなりの悩みを抱えている。

問診の時には、

深い悩みを引き出して、

治したい!変えたい!と言わせる事にフォーカスして欲しい。

そうすれば自然とリピート率なんて上がってくるに決まっている。

通院ペースなどが患者さんの都合優先になってリピートが提案しても断れる先生は、

是非実践して欲しい。もちろん新患からやってください。

初回の設定が一番大事です。

メルマガ登録





関連記事

  1. キャンセルを減らす方法【治療院経営のツボ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ登録

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩
治療院経営のツボ
編集長
治療家お悩み解決人
横浜で鍼灸整体院を経営する現役治療家です。

基本的には一人治療院で、たまに平日の日中妻が受付を手伝ってくれ、体の歪みから来る肩こりや腰痛はもちろんの事、不妊治療や産後の骨盤矯正などの患者さんが多い。そんな治療院をやっています。

大切なものは家族です。自分の家族を幸せに出来ない人に、患者さんを幸せに出来るはずがない。と思っています。

まずは、身近な人から幸せにしていくことから意識してみて下さい。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み