できない理由がたくさんある時は。

本日もブログを見ていただきありがとうございます。

山崎由浩です。
今日は漢字で入力してみました。

そんなことはどうでもいいので、
書き出していきます。

出来ない理由を並べたり、
頭の中に出てきてしまう時期は誰にでもあります。

でもそれは、本当にできない理由なのでしょうか?

・資金がないから
・時間がないから
・子供がいるから
・仲間がいないから
・妻に反対さえたから

などなど、仕事をしているとこんな話をよく聞きます。

もちろんあなたの言っていることはよくわかりますし、
私にも同じ経験があるので、共感はします。

でもその理由を並べて、前進しないのは、少しズレていると思います。

きっと、何かを変えたくて、前に進んで、
目の前に壁が現れたから、
できない理由が頭を駆け巡っているのだと思います。

私もそんな時期はこうして乗り越えました。

できない理由を
行動する理由に変える。

・資金がないから作るためにやる
・時間を得るためにやる
・子供を守るためにやる
・仲間を成功に導くためにやる
・パートナーに理解してもらうためにやる

できない理由は全て原動力に変わります。

できない理由があるということは
あなたが自分らしくいきていくこと
に対して全力で向き合っていく理由になります。

「あの人は上手くいってそうでいーなー」

そんな人のことをみている暇があったら、
今できる限りのチャレンジをする。

覚悟を決めて挑戦すれば変われます。

今日もマイベストチャレンジです!!

【できっこないを やらなくちゃ】

本日もブログを読んでいただきありがとうございます。
友だち追加

やまざきよしひろ

関連記事

  1. 日本のガン発症率上昇について何か出来ないの?

  2. 【必然】いい商品は売れます。

  3. 【やめる】あれこれ考えて行動できない

  4. なぜ、あなたは治療家になったのですか?

  5. 【結局】手を抜いている

  6. 集客がわからない人の3つ共通点と解決策

  7. 近隣の治療院との付き合い方【治療院経営のツボ】

  8. 実践からでしか成果はでない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

山﨑 由浩
山﨑 由浩(やまざきよしひろ)
海外開拓治療家コンサルタント
グローバルインターネットマーケター®︎
日本の施術を世界に発信中
整体起業・副業コンサルタントも務める。

日々患者さんの悩みに向き合う治療院経営から、世界での治療家の価値と必要性を感じ、日本の手技や施術を伝えなければならない。と海外事業へとステージを変えています。

日本とベトナムへ治療院を展開中

世界でもエイジング最先端を走る日本において、治療院業界は他の国でも注目をされています。地域の困っている人を笑顔にするのと同じで、まだ治療院業界のない地域へ、日本の手技や施術が役に立てないのか?を考えながら仕事をしています。

目の前の患者さんを笑顔にする。これは日本でも、世界でも、同じです。

Twitter

【限定】ダイエット整体
月商100万円底上げの仕組み