ホームページから患者さんが来ないのはなぜ?アクセス編【治療院経営のツボ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
観光地

from:やまざきよしひろ

いつもブログをみて頂いてありがとうございます。

 

『これからの時代は、患者さんはホームページを見て治療院にくるんだ!』

そう思って、しっかり作り込んでいるホームページなのに、

患者さんが来ていない治療院が多く存在します。

50万以上掛けて作成をしたのに、

月に10人も患者さんが集まっていない・・・

そんな話しはよく耳にします。

 

ホームページ集客の公式は、

メッセージ×アクセス×デザインライバル戦闘力来院する患者さんの数

本日はホームページ集客においてのアクセス編をお送りしていきます。

 

あなたのホームページにはアクセスが集まっているのに、

患者さんが来ていないのであれば、

市場へのメッセージがブレているorデザインがショボい

しかありません。

患者さんへのメッセージの伝え方が解らない方は、

見込み患者さんへのメッセージ編で解説をしていますので、

ご覧ください。

 

せっかく良いホームページなのに・・・

メッセージも的確!デザインも良い!

でも、アクセス数が少ない。

残念ながらこれでは、患者さんは集まりません。

 

野球のイチロー選手を知っているかと思いますが、

今所属しているチームでは、代打や守備固めで試合に出場するケースがほとんどです。

ヒットを打つ確率を打率というのですが、非常に高い数字を誇っています。

打率は高いのに、打席に立つ機会が少ないので、

ヒットの数も少ない。これは当たり前です。

やはりヒット(患者さん)を得るには、打席(アクセス)の数を増やさなくてはいけません。

アクセスはどこから来ている?

まずは、Googleやヤフーなどの検索サイト上で上位をとるSEO

同じく検索や関連する場面に表示させるリスティング広告

この二パターンがメインとなり、

口コミサイトなどに露出させ引っ張ってくる、

他にはアメブロ、FB、Twitter、YouTubeなどのSNSに配信・拡散させる、

このようなアクセスの集まり方があります。

アクセスを増やすには?

無料で出来るもの・有料のものがあります。

無料は長期目線、有料は短期目線と考えるのが良いです。

SEOであれば、ブログを書き溜めてホームページを強化し、

SNSで記事を拡散させて評価を上げる。

リスティング広告であれば広告費を払って表示させる。

必ず短気目線・長期目線を意識してアクセスアップをしなくてはいけません。

アクセスには質がある

野球ではどんな場面で打席が回ってくるか、

ノーアウト三塁のチャンス・ツーアウト満塁の大逆転のチャンス

あなたが打ち取られたら試合終了の追い込まれた時のピンチなど、

様々な打席の場面があるように、アクセスにも種類があります。

患者さんの治療院を探している重要度合いに応じて、アクセスにも質があるのです。

ぎっくり腰の人は出来れば当日診てもらいたい、リスティング広告が適してる。

産後の骨盤矯正の人は赤ちゃんの調子を見ながら来院したい、SEOでも充分。

このように重要度によってどこから、

アクセスを引っ張るのかを意識するのが成果を出すポイント。

まとめ

まずは、あなたのホームページの解析が必要です。

グーグルアナリティクスを活用してみましょう。

詳しい使い方は、グーグルの社員さんに聞くとすぐ教えてくれます。

他にも色々ありますが、使いこなせれば何でもいいです。

アクセス解析を入れていないと数値測定が出来ませんので、

まだの方はすぐいれてください。

 

あなたのホームページがイチロー選手級でなくても、

アクセス数が多ければ、患者さんを集める事は出来ます。

もちろん高校球児(ショボいホームページ)ではプロの球は打てませんので、

最低限、プロの実力を持っている必要はあります。

 

追伸

あなたの治療院に最適なアクセスアップ方法は何なのか?

市場によって最適なアクセスアップとは?

ライバルが強力な場合のアクセスアップ戦術は?

 

これを考えるときに必ず守って欲しいルールがあります。

このルールを破ると残念ながら成果を上げる事は出来ません。

メルマガ登録





 
メルマガ登録
月30人の新患を呼ぶ
リスティング広告の秘訣