チラシ集客【治療院経営のツボ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

from:やまざきよしひろ

最近は整骨院広告規制などで騒がれている治療院業界ですね。

現状オンライン上の規制は同業者からのチクリがなければ大丈夫そうですが、

広告が規制される事も考えながら集客していかなくては行けません。

本日はその中でも、チラシを使った集客についてお伝えします。

折り込みチラシ

まずは折り込みチラシ、配布エリアを統括する新聞屋さんにお願いをする広告方法です。

配布エリアの新聞屋さんにチラシを持って行って、値段交渉や折り込み日を相談するのが一般的です。

チラシの数が少ない時や、何曜日にどんなチラシが入っているのかは新聞屋さんに聞いてください。

朝刊の折り込みをするのが一般的ですが、チラシの要が多い曜日が良いのか、少ない曜日が反応が良いのか。何の度テストを重ねて行って行きましょう。

そこで新聞屋さんとよくやる交渉は、

・定期的に折り込むから安くして

・折り込まれているチラシのなかで一番上にして

・新聞を定期購読するから無料で折り込んで

このような交渉は毎度行います。

折り込みチラシは確実に、購読者の手元まで届く可能性が高い方法ですので、新聞購読をしている方がターゲットの場合は非常に有効な方法となります。

ポスティング

続いてターゲットのいるお宅のポストにチラシを直接入れるポスティングです。

枚数勝負でコツコツやるのもポイントですが、枚数を配るのが目的では無く、

目的は反応させることです。

ですので少ない枚数で反応させるコツをお伝えします。

①現在通院してくれている患者さんの自宅と同じようなところにポスティングする

優良患者さんの家は見に行ってください。どのような家、玄関、車などの情報を集めてください。実際に来院している方の情報が正しいですし、あなたにお金を払っているという事実があります。この情報を元にして似ているお宅にポスティングしてみましょう。外車が止まっている家にポスティングするのか、子供の自転車がある家にポスティングするのか実際に来院するまでの導線をイメージしながらポスティングをして下さい。

ポスティングに関しては私も外注する事もあります。

ですが気もつけて欲しいのが、悪質な外注さんが多いです。

同じポストに10枚くらい入れる業者もいるので信用出来ません。それはクレーム来ますよね。

ですので信頼出来るポスティング業者であれば外注するのもいいと思います。神奈川エリアでしたら私がお願いしているポスティング業者さんを紹介しますのでご連絡ください。

もちろん資金力が無いのであれば、絶対に自分で巻いてくださいね!!

朝刊の新聞より早くポストに入れるのが読んでもらうポイントです!!

②ピンポンしていれるポスティング

確実に読んでもらう方法です。日中に限りますが、ピンポンをしてからポストに入れる感じです。

ピンポンして、

出てくれれば『◯◯整体院です。ポストにチラシ入れときますね〜。』

やはりこの方法は強いです。チラシをとっておいてくれる人もいますので、日中にポスティングをする場合は是非やってみましょう。

ポスティングでの注意点は、ポストに『チラシ厳禁・お断り』のお宅のポストには入れないようにしましょう。クレームの電話につながりますし、いちいち対応するのが面倒なので投函しないのが一番です。

ハンディング

ターゲットに直接手渡しするのがハンディングです。スーツ姿の男性に、OLさんに、ベビーカーを押しているママさんに、妊娠中のプレママなど、ターゲットにあったチラシをハンディングするのが鉄則です。

実際に施術をしてくれる、スタッフからチラシをもらいますので、高い確率でチラシの内容を読んでもらえます。

花粉症の時期であれば、ティッシュと一緒に、冬なら使い捨てカイロと一緒にハンディングすると高確率でもらってくれます。

まとめ

チラシ集客は反応させるチラシを作成する事が出来れば、上記の様々な方法でターゲットに届ける事が出来ます。

ネットでの広告が規制された時でもチラシでの集客は止める事は出来ないでしょう。

集客の経路は多ければ多い程安定します。

チラシ集客では、反応させるチラシが必須になりますので、集客出来る型を知る必要があります。頭で考える事をせずにその型に合わせて作成をすればいいのです。

以下のメール講座で反応させるチラシを特典で配布していますので参考にしてください。

メルマガ登録





 
メルマガ登録
月30人の新患を呼ぶ
リスティング広告の秘訣