治療を受けるデメリット伝えてますか?【治療院経営のツボ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

from:やまざき よしひろ

あなたが提供している治療の受けるメリットは伝えていると思いますが、デメリットは伝えていますか?

体が整う、肩こりが治る、腰痛が治る、治療を受けると問題が解決する、その他の症状が解決する、不調にならない体づくりが出来る。などのようにメリットを伝えている先生は多くいます。

ホームページやチラシなどで治療を受けるメリットを記載していますが、メリットばかりだと見込み患者さんはお怪しく感じてしまいます。

ここで、メリットと後にデメリットを記載していると真実みがましてきます。

・効果は実証済みですが、一回で完璧に治す治療ではありません。数回通うつもりで来院してください。もし一発でどうにかしたいのであれば外科的な手術などをおすすめします。

・当院は保険の使用出来ないので、施術料金が高いです。保険診療では施術を出来る部位が限られていたりと、治療出来る範囲が限られてしまいます。また一時間2980円などのクイックマッサージなどでは2週間程でデビューをするスタッフが施術をしていますので素人同然です。当院では施術歴10年以上、臨床数5万人越えの治療経験がございますのでご安心しておこしください。

・残念ですが、治療を受けられる人数に限りがあります。治療の質を落とさない為にも一日12名限定で施術を行っております。新規の方は予約が先になってしまう事もありますので余裕を持ってご予約を頂くと助かります。

・一度よくなれば、もう二度と調子が悪くならない訳ではありません。普段の体の使い方によって少しずつ体が歪んで行きます。痛みの有る無しに関わらず、月の一度のメンナンスをお勧めしています。

・確実に体重のコントロールは出来るのですが、一段一段階段を下りるように落ちて行きますので、時間がかかります。このように、何をやったから落ちた。と言う事実を積み重ねることによって、結果的に自分でコントロール出来るようになり、リバウンドを防ぐ事が出来ます。

このようにデメリットを伝える事によって真実みもまし、さらに新しい価値観を聞いてもらう事も出来ますので、先生もデメリットを記載する事をおすすめします。

もちろんメリット・デメリットの配分も大事です。

メリット8:デメリット2このような配分が理想的です。

是非先生のホームページなどでもデメリットの記載をしてみてください。

メルマガ登録





 
メルマガ登録
月30人の新患を呼ぶ
リスティング広告の秘訣