優良な患者さんを見極める3つの質問【治療院経営のツボ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

from:やまざきよしひろ

あなたの治療院にもいるだろうか?

・予約時間に遅れる人

・生活指導を見直そうとしない人

・自分勝手に予約を入れていく人

・文句ばかり言う人

患者さんを優良だとか、不良だとかあまり言いたくはないが、小規模な治療院であれば一定数の優良な患者さんがいないと治療院経営が成り立たない。

大手のような数で稼ぐ戦略であれば、患者さんの質など関係はなく、とにかく沢山患者さんをさばいていけば利益はでる。

しかし、小規模な治療院が同じ戦略をとると、数にも限界が来てしまい、やがて値下げ合戦に突入する。この戦いに巻き込まれると、当然生き残るのは難しくなるので戦ってはいけないのは以前からお伝えしていると思います。

それでは優良な患者さんが多い治療院を作るには、どうすればいいのか?解説をしていきます。

基本的な3つの質問で優良な患者さんなのか判断することが出来ますし、優良患者さんにさせることも出来ます。

質問1 ご予算いくらですか? 金

治療院では、ほとんどしていない質問ですね。

車の販売店に言ったことがある方は解ると思いますが、真っ先に聞かれる質問が、

『ご予算はいくらですか?』ですね。

これは我々治療院も同じです。エステでは絶対に聞かれますし、カードの限度額を調べるところもあるくらいです。

何はともあれ、代金を支払わなければ、治療は受けることはできません。あなたの治療がボランティアでないのであれば、正当な報酬をもらって仕事をしなくてはいけません。

体を良くするためにどの位金額を払うことを考えているのか。を聞いておく必要があります。

もちろん予算内で成果を出せるのであれば、リピートしていただくのは簡単ですよね。

聞き辛い場合は問診時のカルテなどに記載箇所を作っていくのも良いです。ですが、大概の場合は小さい額を書かれるので注意が必要です。

質問2 お時間取れますか? 時間

治療の成果を出すためには、治療を受ける時間が必要です。

この時間を作れるのかどうかを質問します。

何としても時間を作ってくれる人や、仕事で忙しくなって支持通り通えない人もいます。

これは実際問題仕方のないことですし、はじめにこの質問をしておけば、リピートがどうしても取れない人も存在します。もちろん、理想は多くの人を支持通りに通って頂くことですが、一定数通えない人も存在することも理解しなくてはいけません。

突き詰めると、一生涯通い続けてくれる患者さんは優良患者さんだと考えることも出来ます。

特に治療の期間が終わって、メンテナンスの期間に入ったら、

生きているうちに何度通ってくれるのか?を考えてメンテナンスの提案をすればいいです。

質問3 約束守れますか? 約束

これは予約時間や、キャンセルルールです。

時間を守ってくれないと他の方に迷惑がかかります。

特に初診時などに、

『カルテの記載などがあるので5分早く来て欲しい』と伝えた場合、

予定通り来院される方には優良の患者さんが多いです。

時間だけは取り戻すことは出来ませんので、

最低限守って頂くことをお願いしたいですね。

マインドセット

この金・時間・約束の質問を意識をして行ってみてください。

私たちは、お客の面接官です。

その患者さんを受け入れるか、断るかはこちらに主導権があります。

もし不良患者さんを受け入れてしまったら、間違いなく優良の患者さんが減ると思ってください。

あなたのことも好意的に思ってくれている人を最も大切にしなければいけません。

このようなマインドセットで質問をすると優良の患者さんを見分けることもできますし、

実は増やしたりすることも出来ますよ。

メルマガ登録





 
メルマガ登録
月30人の新患を呼ぶ
リスティング広告の秘訣