90%の治療家が失敗する理由【治療院経営のツボ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

from:やまざきよしひろ

本日は

90%の治療家が失敗する理由

について解説をしていきたいと思います。

ほとんどの治療家がこれを知らずに開業をしてしまうので、

治療院が上手くいっていないのです。

今後開業を考えている、開業をしているが、うまくいっていない。

このような先生は必ず実践して下さい。

治療家が失敗する理由その1 情報不足

勝負に負けてしまう最もの理由は何かご存知ですか?

それは情報不足です。

情報を知らないから、情報を持っている周りのライバルに負けてしまう。

情報を知らないから、周りのライバルを出し抜く戦略がわからない。

職業柄、多くの治療家さんとお会いするのですが、

実際正しい情報を集めている人はごく一部です。

ただ注意して欲しいのは、どのような情報を集めているのかと言う事です。

要するに情報の質です。

その発信している情報は正しいのか?本物なのか?

この部分は非常に重要です。

治療院ビジネスを行っている場合は、

実際に治療院を経営されている方の情報を取る事をお勧めします。

治療院コンサルタントやネット集客の情報をメインに情報を取っていました。

起業初期は時間がたっぷりありますので、

情報を集めて→実践

この繰り返しでした。

正直無料の情報だけでも、行動力のある先生は月商100万はいけます。

もちろん私のこのブログでも、

『月商100万行きました!!』

と感想を頂く事もありますので嬉しい限りです!!

是非正しい情報を集めて情報不足を解消してくださいね。

 

治療家が失敗する理由 その2 職業・仕事が間違っている

質問ですが、先生の職業・仕事って何ですか?

この質問対して、『治療家・患者さんを治す』

と答える先生は要注意です。

残念ながら、その考え方では開業をしていても患者さんで溢れる事はないでしょう。

確かに、私たちの仕事は患者さんを治す事に違いはないのです。

誰かに雇われている、投資家がいる場合は別ですが、経営者としてはこれではいけません。

あなたの本当にやらなければいけない仕事は、

『治療院に人を集める事』です。

要するに、マーケティングです。

治療院を知らない人に対して、どのような事が出来るのか、の周知活動です。

治療院に人が来てくれないと、治療することも出来ません。

治療院ビジネスには内と外の仕事があります。

内は施術やスタッフの教育、技術の向上などの治療院内での仕事。

外の仕事がマーケティングになります。

もしあなたの治療院に患者さんが集まっていないのであれば、

外の仕事をもっとしなければいけません。外の仕事が全てです!!

あなたの仕事は、

『治療院のベットに患者さんを寝かせる』

マーケッターとしての仕事です。

集客出来るチラシを作ったり、ホームページを作成したり、ブログ書いたり、

ポスティングをしたり、PPC広告の設定をしたり、外の仕事に集中してください。

治療家は技術の習得が大好きですが、あなたの治療院に患者さんが来ないのは、

技術力が低いからではありません。

なぜなら技術力は一度受けてもらわないとわからないからです。

治療院に患者さんが集まっていないのであれば、

外の仕事をする。

 

この記事を読んでいる人で、

ほとんどいないので参考までに聞いて欲しいのですが、

もし治療院に患者さんが集まっているのに(新患が来ているのに)

売り上げが低いのであれば、

技術やスタッフの能力が低すぎる可能性があります。

この場合は内の仕事をしなくてはいけませんね。

PS.月商100万を超えると、時間がなくなってきます。

この段階に来たら、情報を少なくしていく事をおすすめします。

時間がないのにさらに情報ばかり集めていたら、

実践する時間がなくなって、行動出来ないと言う事に陥ります。

結果さらに利益を延ばす為の施策の時間が取れなくなり、収入が頭打ちになる。

以前のわたしもそうでした。

ですので、あなたが本当に有益だと思っている情報発信者の情報だけに絞りましょう。

その時に私の情報が残っていると非常にうれしいですね。笑

メルマガ登録





 
メルマガ登録
月30人の新患を呼ぶ
リスティング広告の秘訣