ライバルが強い時のポジショニング戦略【治療院経営のツボ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

from:やまざきよしひろ

先生の治療院の市場にはどのようなライバルがいますか?

私の治療院の市場には、ライバルが沢山います。

半径100メートル以内では、7件同業者がいます。

私の治療院では、駅から徒歩6分ありますので、

駅の周りには同業者が溢れています。

接骨院や整体院、鍼灸院やリラクゼーション。

ストレッチ専門店も最近オープンしました。

戦国時代のど真ん中にいます!!

それでも、広告費は10万前後で、

月に25件以上のお問い合わせを頂くことが出来ています。

ライバルが多くて、強い場合は新規集客には広告費が掛かるので、

特に開業初期の予算が掛けられない時は苦労します。

では、ライバルが多い激戦区でどうしたら生き残っていけるのか?をお話しします。

 

ポジショニングを明確にする。

ライバルが多い場合は、ポジショニングを意識ないといけません。

周りは同業者のお店で溢れていますから、

見込み患者さんはどこに行けば良いか解りません。

調べても沢山治療院が出てくるし、どこも同じような感じなのでよくわからない。

当院に来院した患者さんも、よく聞くセリフです。

患者さんがどのような治療院なのか判断する

 

ではどのようにしてポジションを決めて行けば良いでしょうか?

まずよくありがちなのは、技術でポジショニングをとろうとする先生です。

患者さんは技術のことはさっぱり解りません。

うちは頸椎の1番を矯正します!最新の医療機器を導入しています!

とかよく書いてありますが、全く興味ありません。

残念ながら、技術を記載する方法は反応が出ませんし、

最悪よくわからない治療院になってしまいます。。。

是非治療を受けてもらってから、技術の説明をして下さいね。

 

一番解り易いポジショニングの取り方は、、、

施術金額です。

高いのか、安いのか。

見込み患者さんからは最もポジションが解り易いです。

高い施術を売るのか、安い施術を売るのか。

先生の地域にいるライバルを調べて、

違う金額を設定するのが金額でのポジショニングです。

 

次に、時間でのポジショニングです。

施術時間が長いのか、短いのか。

夜遅くまでやっているのか、土日もやっているのか。

近所の整骨院が平日20時まで、日曜休みだったら、

21時まで、日曜日は午後3時まで開けてみる。

このような感じでもポジションを確率出来ます。

友人の歯医者さんで、診療時間を変えて集客を成功させている方がいます。

ここは、17時〜24時までが診療時間です。

仕事帰りの方をターゲットにした歯科医院ですが、

地域にマッチして集客に成功しています。

忘れてはいけないのは、先生の治療院の地域性に合わせてポジショニングをしていく事です。

オフィス外で週末は人が居ないのであれば、

日曜日開けるよりも、営業時間を遅くづらした方がいい。

住宅街であれば、

なるべく朝早く開けた方が主婦も取り込めるので、営業時間を早めた方がいい。

など地域に合わせる事がポイントです。

 

ポジショニングを探すため、何度もテストを繰り返してください。

残念ながら、一度では見つける事は出来ません。

診療時間も変えてみたり、施術料金も変えてみたり、休診日も変えてみたり。

などなど、テストを繰り返して実際に地域の声を聞いてみるのが正解です。

最適なポジショニングを見つけて集客を強くしていきましょう。

ライバルがどんなに強くても、ポジショニングを変える事によって、

集客出来る見込み患者さんが必ずあります。

先生の地域独自のポジショニングなので、

他の地域で流行っている○◯院のノウハウを真似てみたでは失敗する確率が高いです。

先生の治療院の地域と市場に合わせてポジショニングを取りましょう。

ポジションが違えば、先生の治療院を選んでくれる確率が上がります。

メルマガ登録





 
メルマガ登録
月30人の新患を呼ぶ
リスティング広告の秘訣