集客出来るホームページの構成【治療院経営のツボ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

from:やまざき よしひろ

集客出来るホームページの『構成』です。

実は成約率を高める構成というのは決まっています。

人間の心理や購買意欲にそって、
ホームページを構成して行けば良いだけですので、
今回はその骨組み・テンプレートとしてお使い下さい。
順に説明をします。
①ヘッドライン
あなたのホームページの入り口です。
真っ先に目に入る部分で、続きを読んでもらえるかどうかはここで決まります。
実はこのヘッドラインが、成約率を得る80%を占めます。
このヘッドラインが悪ければ、下部が良い内容であっても成約へと繋がりませんので、色々なパターンを試してみる必要があります。

②キャッチ画像
施術者の顔・患者さんとのツーショット・施術中などの写真などを使用しましょう。

③悩みのあぶり出し
ペルソナが抱える悩みを列記します。

④解決
あなたが、どのような悩みを解決出来るのか説明します。

⑤違い
他の治療院との違いや価値観を伝えましょう。

⑥患者さんの声
対象となる患者さん(ペルソナ)の声記載しましょう。
3人以上は欲しいです。本名公開で顔写真付きが信用度が高いですが、
手書きでの紙と名字のカタカナ表記などでもないよりはいいです。
見込み患者さんは本当に良い治療院なのか探っています。
少しでも安心させる材料ですので増やしていく努力をしましょう。

⑦レスポンスデバイス
電話番号やメールの問い合わせ、申し込みフォームの部分です。
この記載が小さかったり、解り辛いだけで成約率が下がります。
以前合った例では、電話番号を大きく表示して、
申し込みフォームを大きくしただけで成約率が1%上がったサイトがありました。
元々内容は良いサイトだったので、
どのように申し込んだらいいか解らない見込み患者さんは、
かなり多いと思ってください。
⑧通うメリット
先生の治療院に通って施術を受けていると、
どんなメリットがあるんですか?
患者さんが通うメリットを明確にしましょう。
体の歪みがとれる、
痛みが出辛い体を作る事が出来る、
痩せる、など来院するメリットを記載しましょう。
⑨デメリット
先生の治療のデメリットを伝えましょう。
一日に◯人しか施術を受ける事はできない、
一度で改善する事はない、
体を治すには生活から変えなくてはいけないのでセルフトレーニングをしてもらう、
などのように出来ない事やデメリットなどを伝えましょう。
デメリットをだすと、メリットがさらに際立ち、信用性が上がります。
必ず記載してください。

⑩未来どうなるのか
治療を受けて、最終的にどのようになるか。

⑪良くある質問
よく聞かれるQ&Aをいくつか答えましょう。
5つくらいは載せていいと思います。

⑫メール問い合わせ
メールフォームを設置して、メールからも質問をもらえるようにしましょう。

以上が反応が得られるホームページの構成です。

まずはあなたのホームページをみてください。

私がお伝えしたような構成になっていますか?

メルマガ登録





 
メルマガ登録
月30人の新患を呼ぶ
リスティング広告の秘訣